オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2018年7月12日 木曜日

2018年7月12日生まれ

今回、4人目の妊婦さん。

 

大潮初日&新月の前日、ご主人が「今日産まれるよ」と予言。

そして、子ども達はその日の朝、学校の先生に「お母さんが出産になったら早退します。」と話しました。すると10時頃から陣痛が(゚ロ゚屮)屮

 

学校に連絡し、子ども達は給食を食べずにご主人と助産院へやってきました。

 

バースプラン通り、ご主人は下のお子さんと別室で待ち、産婦さんは静かに陣痛を逃しているので、助産師が「遠慮なく声を出しても大丈夫ですからね」と話すと「私、いつもお産の時、静かですね...と言われるんです」と( ゚∀゚ )

 

ベテランンママさんは、最後まで落ち着いて可愛い女の子を出産されました。

お姉ちゃん2人がスタッフと一緒に臍の緒を切ってくれました。

 

産まれた後は皆で赤ちゃんを囲んで家族5人の時間を楽しんでいました。

 

2018年7月12日生まれ、女の子です。



pic20180717115822_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年6月26日 火曜日

2018年6月26日生まれ

お姉さんが昨年オハナハウスで出産し、今年は妹さんが出産です。

 

まだ1歳になるお姉ちゃんを抱えながらの妊娠生活でしたが、毎日1時間の散歩をするなど身体を積極的に動かしていました。

予定日10日ほど前から前駆陣痛が始まり夜中に規則的な痛みになり来院しました。

が、まだまだお産まで余裕がある感じなので一度帰宅。

自宅から助産院までの往復の車の揺れが良い刺激となったのか、すぐに本格的な陣痛になり入院となりました。

陣痛中は腰をさするのではなく「腰を押して欲しい」とバースプランの希望があったので、ご主人は一生懸命腰を押し、お産はスルスルと進み真夜中に元気な女の子が生まれました。

 

翌朝から誕生を待ちわびていた両家のご両親や兄妹など沢山お見舞いの方が見え、とてもにぎやかな誕生日となりました(*'U`*)

2018年6月26日生まれ、女の子です。



pic20180703163413_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年6月20日 水曜日

2018年6月20日生まれ

第一子を分娩台で出産し分娩台が苦手と気づき、第二子は助産院を選んだ妊婦さん。

今回は性別も産まれるまでのお楽しみにしていました。

 

予定日前から前駆陣痛やお腹の張りがよくあり、予定日3日前の真夜中には陣痛!?という定期的な痛みのため一度来院しましたが、しばらくすると痛みはおさまってしまい帰宅となりました(ノ_・。)

その後も夜になると前駆陣痛が続き、ゆっくり眠れない日々が続きました。

 

予定日当日の真夜中にだんだんと強くなる痛みで目が覚め、家族みんなで入院してきました。今回は本格的な陣痛で産婦さんは「良かった~(*'U`*)」とホッとした表情に。

ご主人の背中にしっかりとつかまり自分のリズムで上手にいきみながら赤ちゃんが生まれて来ました。

生まれた赤ちゃんをお母さんの胸に抱くまではスタッフ誰も性別は見ないようにして、ご主人が確認!!

二重まぶたの可愛い女の子!(◇'v`bd*)

初めての女の子に家族みんなとても喜んでいました。

 

2018年6月20日生まれ、女の子です。


pic20180626135641_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年6月15日 金曜日

2018年6月15日生まれ

第一子の出産を通し「自分の力で産む」ことに向き合ってみたいと考え、第二子の出産に助産院を選んだ妊婦さん。

池川先生の講演会へ行かれたり、健診でも「ご安産とは?」と質問されたり、常に「自分の力で産む」ことへのアンテナを張り巡らせて10ヶ月を過ごしていました。

 

予定日3日前仕事が忙しかったご主人がようやく一段落し、立ち会い出産ができるとなった日。「妻が今日か明日お産になると言ってるので」とご主人が入院の荷物を持ってやって来ました。今の妊婦さんの様子を伺うと、家でのんびり過ごしているとのことで、まだまだそうね(。・艸-。)と話しました。

 

ところが、その日の夕方「陣痛が始まって強くなって来ました!」と連絡を受け、助産院へ来院すると子宮口全開!!

助産師全員集合し準備はOK!となったら、なんだか陣痛が弱くなって来たよう。。。

身体を温めるために足首にお灸をしようとツボを押すと

「痛い痛い!!(´д`ι)」と随分痛がるので

「えっ!?ここそんなに痛い!?」と聞くと

「痛いのは足じゃなくて・・・」陣痛の痛みでした(・∀・;)

なんて笑いながら少しずつお産は進み、最後はご主人の肩につかまりながら四つん這いで可愛い女の子が生まれました。

 

産婦さんは自分の力で生めたことをとても喜んでいました。

そして後日話を聞くとお産になった日は朝からお腹が痛かったそうです(笑)

 

2018年6月15日生まれ、女の子です。


pic20180626133256_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年5月21日 月曜日

2018年5月21日生まれ

5年ぶりに5人目を妊娠中の妊婦さん。

3人目・4人目もオハナハウスで出産してくださいました。

何度も出産を体験していて陣痛の痛さを知っているからこそ「陣痛が怖い(´;ω;`)」と診察のときに話していました。

なので以前オハナハウスでお産した方から戴いた、MINMIさんの『キセキ』という絵本をお渡しし、10ヶ月に入った頃から一番上のお姉ちゃんがお母さんとお腹の赤ちゃんに読み聞かせました。

兄妹も一緒に聴いてお腹の赤ちゃんに「大丈夫、大丈夫」と話しかけてあげました。

 

予定日前日の朝から陣痛が始まり、4人の子供たちも学校・幼稚園を休んで新しい家族の誕生に立ち会うために来院しました。

産婦さんはまだいつもと変わらない表情だったので、本当に陣痛?と思いながら内診すると7cm!!なので仕事中のご主人に連絡。

しばらくすると子供たちは思い思い遊びを母の枕元で始めました。

トイレから帰ると陣痛が強くなり「いきみたいです」と言っていると、ご主人登場!

そこから子供たちの「頑張って!!」の声援を聞きながら、あっという間に元気な男の子が産まれました。

みんなニコニコ笑顔で「赤ちゃん可愛いね(*'U`*)」と大喜びでした。

 

産後の身体をゆっくり休めたいけれど、子供たちが家で待っているので2泊3日の早期退院となりました。

 

2018年5月21日生まれ、男の子です。


pic20180524132612_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら