オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2019年1月18日 金曜日

2019年1月18日生まれ

上のお子さんが4歳を過ぎて今回、赤ちゃんを授かりました。

 

妊娠中は穏やかに過ごしていましたが、妊娠10ヶ月に入ると少し不安になってきたようでした。そんな中、当院で開催している「おんぶと抱っこの教室」に参加し、色々なママさん達と話す機会をもつと「自分があれこれ考えていても仕方ない、赤ちゃんが選んでくる日を待つしかない」とすっきり腹が決まったようでした。

5歳のお兄ちゃんは、「赤ちゃんってスーパーパワーの持ち主だね!とっても小ちゃいのに自分でお母さんから出てくるなんて本当にすごいね!」と話していたので、お兄ちゃんに赤ちゃんを励ます係りをお願いする事にしたとバースプランに書いてくれました。

 

予定日約2週間前から前駆陣痛が( ゚∀゚ )

毎日、今日かな、今日かなと思っていたようでしたが、満月の3日前にいよいよ本格的な陣痛がやってきました。

 

いつも20時には寝るというお兄ちゃんは睡魔と格闘しながらも、ちゃんと赤ちゃんが出てくるところ見て、お母さん、お父さんに実況中継してくれていました。

 

ご主人の背中にもたれかかり、四つん這いで元気な男の子を出産されました。

久ぶりの赤ちゃんにお母さんは「小さいね、可愛い」などと話しかけていました。

 

おめでとうございます!!

 

2019年1月18日生まれ、男の子です。

 



pic20190121161948_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2019年1月10日 木曜日

2019年1月10日生まれ

産休までしっかり働きお休みに入りました。

産休に入ってからは、上のお子さんの急病もありましたが無事に回復し、ご家族でゆっくりお正月を迎えられたようでした。

 

お一人目の時は、予定日より10日早い出産だったので、皆で早くなりそうだね。。と話していました。

すると、まさに予定日の10日前の夜から痛みを伴う張りが...。

 

日にちが変わると本格的な陣痛に変わりました。

そんな中でもさすが経産婦さん!洗濯や上のお子さんの世話などいつも通りの家事、育児をこなし朝になってご家族で来院されました。来院後、確認するとすでに子宮口は8cm!

すぐにお産になるかと思いましたが、それからはゆっくりゆっくりと進んでいきました。

 

昼頃になると産婦さんのパワー切れの為か陣痛が弱くなってしまいました。

エネルギーを補給し、少しウトウトすると赤ちゃんもいよいよ出てくる気になったようでした。

 

横向き、仰向けなど様々試みましたが、最終的にはご主人に四つん這いのような体勢になってもらい、ご主人の背中に上半身を預け、産婦さんも四つん這いの体勢で出産されました。

 

なんと赤ちゃんは4kg超えのビックベビーヾ(@°▽°@)ノ

 

お母さんと赤ちゃんの頑張りに感動し、感謝した一年のスタートのお産になりました。

 

おめでとうございます!!

 

2019年1月10日生まれ、男の子です。



pic20190116103424_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年12月22日 土曜日

2018年12月22日生まれ

4人目の産婦さんは海外で3回無痛分娩での出産を経験しましたが、何か物足りない感じ・・・でした。

今回はせっかく日本に住んでいるのだから、家族に囲まれて自然分娩を、特に娘たちにお産を見せてあげたい!と助産院での出産を決めました。

海外での生活が長かったこともあり、いつも健診では自分の考えや気持ちをハッキリ伝えてくださり、またとてもポジティブ!!

健診のたびにこちらが、なるほど~!と気づきがたくさんある時間でした。

 

妊婦さんも助産師たちも予定日より早く産まれるかな?と思って待っていましたが、予定日2日前、満月の夜に陣痛が始まりました。

4人目にして始めて体験する陣痛の痛みに、布団へ横になったり、ソファーに座ったり、あちこち動きながら痛みに耐えていました。

産まれる瞬間にうめき声を上げると、普段のお母さんからは聞かれない苦しそうな声に子供たちは耳をふさいでいましたが、赤ちゃんの頭が見え、生まれると初めての男の子に家族全員「可愛い゜*(pq+'v`●)*゜」と大興奮でした。

生まれた赤ちゃんは4000g越えのビッグベビー!

 

海外の病院では分娩中周りの声かけがたくさんでまるでパーティーのような騒ぎだったのに、日本の助産院での出産はスタッフも家族も静かに見守ってくれるので違いにビックリしました、と話してくれました。

 

2018年12月22日生まれ、男の子です。


pic20181227133847_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年11月28日 水曜日

2018年11月28日生まれ

今回3人目の出産で助産院を選んで下さいました。

妊婦健診はいつも2番目のお子さんと来ていました。

妊娠中、赤ちゃんが小さめで心配する時期もありましたが、予定日を過ぎるまでしっかりお腹にいて育ってくれました。

赤ちゃん自身が自分でGOサインを出したかのように予定日を過ぎると前駆陣痛が...( ゚∀゚ )

その翌日の夜中に本格的な陣痛が始まりご家族で助産院に来られました。

その後順調に進み、ご主人の背中にもたれるうようにして上手に男の子を出産されました。

途中、「お家に帰りたい...」と言っていた2歳のお姉ちゃんも赤ちゃんが出てくるところをしっかりと見ていました。そして、産まれるとニコニコしながら「赤ちゃん...」と何度も話かけていました。

産婦さんは、「産んだ気がしない。今までで一番楽だった。」との感想でした。

これから周りの方のサポートを受けて3人の育児を楽しんでくださいねo(^▽^)o

 

2018年11月28日生まれ、男の子です。



pic20181205152137_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年10月16日 火曜日

2018年10月16日生まれ

今回が3人目出産の経産婦さんです。

1人目は総合病院、2人目はクリニック、今回は助産院、と3人とも違う場所での出産です。

2回のお産を経験して、お産は1人のほうが集中できると感じたので今回家族は立ち会わずに独りで産むと決めました。

 

38週になり「そろそろですね~」と話すと、産婦さんは自分の身体を知っているかのように来週お産になる気がする。と言って帰りました。

 

予想通り、39週で陣痛が始まり家族と一緒に来院しましたが、産婦さんの希望通り「お母さん頑張ってね!!」と言いながら家族は帰っていきました。

 

健診のときは「痛みに弱いから・・・」と話していましたが、上手に痛みに耐えながら順調に進んでいき、助産師が全員そろうと、待ってましたとばかりに陣痛が強くなり、クッションにつかまって四つん這いで、するりと赤ちゃんを産みました。

生まれたばかりの赤ちゃんを胸に抱きカンガルーケアをしていると、連絡を受けた家族が駆けつけてくれました。

特に2歳のお兄ちゃんは「可愛いね(◇'v`bd*)」と大喜びでした。

なんと、ご主人のお母さんは新幹線の最終列車で自宅に駆けつけてくれたようです!!

 

3人とも違う場所での出産でしたが、お産の痛いときにずっと助産師が寄り添ってくれたので助産院が一番良かったです(*'U`*)と話してくれました。

 

2018年10月16日生まれ、男の子です。



pic20181023154055_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら