オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2017年7月20日 木曜日

2017年7月20日生まれ

3人目の出産で初めて自宅分娩を希望された産婦さん。
 

妊娠中に引越しや上のお子さんが入学式・入園式など新しい環境や生活に大忙し。あっという間に臨月になりました。

ずっとお腹が張っていましたが、予定日を過ぎ41週になってしまいました。
午前中に診察すると軽い前駆陣痛が来ていたので、本格的な陣痛を起こすために午後ヒマシ油を飲んでもらうと、夜に「2~3分おきの陣痛が始まりました。」と連絡が入りました。


 

訪問すると家族みんな揃い実家のお母さんも来て赤ちゃんが産まれることを楽しみに待っています。

助産師3人も集まり準備はOK。

どんどん陣痛も強くなりお産になるとご主人を分娩台代わりにし頑張り始めましたが・・・あれ!?陣痛が弱くなってしまいました。

夜中になり子どもたちは疲れて眠り始めました。

産婦さんも疲れてしまったので、一旦全員横になり睡眠でエネルギー補給をすることに。

1時間ほどウトウト眠り少し元気になった産婦さんにスクワットをしてもらうと陣痛も復活!!

 

3人目にしてゆっくりゆっくりな流れで元気な男の子が生まれました。

上のお子さん達は眠っていてお産に立ち会えませんでしたが、早朝目覚めると赤ちゃんとの対面に喜んでいましたhappy01

 

2017年7月20日生まれ、男の子です。


pic20170727112626_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2017年6月15日 木曜日

2017年6月15日生まれ

大潮と満月につられて助産院ではお産が続き、「6月予定の方もあと1人だね・・・。」と話していた日の夜、3人目となる経産婦さんから陣痛が来ました。と連絡が入りました。

 

ご家族で助産院へ来院。

夜中にも関わらず長男おにいちゃんはお母さんを励ましたり水を飲ませたりと大活躍。

臨月になると歩いて健診にきていた産婦さんには波にのった陣痛がぐんぐんときていました。陣痛の合間にトイレへ行くと、赤ちゃんの通り道が広がったのか急に進み、赤ちゃんの頭が見えてきました。

寝ていた次男くんもスッキリと起き、ご主人は分娩台になってくれました。

準備が整い、皆がしっかりと見つめる中、待望の女の子が生まれました。

 

しっかりお産に立ち会った2人のお兄ちゃんは妹の誕生をとても喜び、可愛がってくれているそうです。

ベテランママさんはゆったりと育児を楽しんでいるようです(。・w・。 )

 

2017年6月15日生まれ、女の子です。


pic20170630114550_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

2017年6月14日生まれ

予定日を1週間以上過ぎた夜、初産婦さんに待ちに待った陣痛がやってきました。

様々な体勢をしたり、ガタガタ道のドライブをするなか、このままお産になるかと思っていましたが、朝になると陣痛が遠のいてしまいました。

 

ペットの餌など家の事が気になり始めた為、一旦帰宅。家では入浴したりご主人が作ったご飯を食べたりしていたそうです。

 

お家で少しホッとできたのか、再び夜になると陣痛が来て助産院へ来院。再びドライブに行くとだんだんと陣痛が強くなってきました。「カメちゃん(胎児名)、待ってるよ~。」などと話しかけながらひとつひとつの陣痛を乗り越えていました。

 

2日間かかったお産でしたが、産婦さんは最後まで弱音を吐かず、ご主人と力を合わせ3654gの立派な男の子を出産されました。

 

これから育児をされるなか大変な事もあるかと思いますが、最後まで頑張りぬいたお産を思い出して、育児を楽しんでくださいね!wink

 

2017年6月14日生まれ、男の子です。


pic20170627140317_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2017年6月11日 日曜日

2017年6月11日生まれ

前回は約3日かかって出産された経産婦さん。

 

6年ぶりの今回の妊娠。

10ヶ月に入ると張りがきていましたが、予定日の少し前までしっかりと働いていました。

 

バースプランには家族立ち会いは直前になってからかな、落ち着くから本を持参したいなどと書いていました。

その日は朝方、お腹の痛みで目覚めトイレに行くとおしるしが。少しずつ痛みが増してくるも家事を済ませてから来院されました。

 

今回は絶対にスムーズなお産をすると決意されていた産婦さんは、痛みの波に乗り、赤ちゃんの出たいイメージを忘れず、「出てきていいよー!」と思いながら一回一回の陣痛を乗り越えていたそうです。

 

1年生のお兄ちゃんはうちわであおいだり、水を飲ませたりと大活躍。旦那さんは終始笑顔で産婦さんを励ましつつ赤ちゃんの誕生を楽しみにしていました。

 

赤ちゃんの髪の毛が見えてくると産婦さんは実際に頭に触れ、赤ちゃんが産まれると「やったー!!」と元気に言ってくれましたhappy01

 

2017年6月11日生まれ、男の子です。


pic20170627140113_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2017年6月10日 土曜日

2017年6月10日生まれ

大潮と満月が重なった真夜中、2人目の経産婦さんに陣痛が始まりました。

 

1人目の出産は時間がかかったため、今回はまだ入院するには早いかも!?と思いながらも助産院へ来院しました。内診すると思ったいたより進んでいるのでそのまま入院。すると真夜中2時にも関わらずご主人は「食べられるときに食べておかなくちゃ。」とサンドウィッチを食べ始めましたΣ(・口・)もちろん一緒に居たお兄ちゃんも食べました(笑)

 

1人目のときに比べ産婦さんはとても落ち着いており、「まだまだこの痛みでは生まれないなぁ」など自己分析しながら、今回は陣痛の波に上手に乗れて順調に進んでいきました。

いよいよお産になるとご主人が分娩台になり産婦さんを支え、元気な女の子が生まれました。

真剣にお産を見ていたお兄ちゃんは赤ちゃんが生まれた直ぐ後、怖かったのか泣き出しご両親に抱きついていましたが、すぐに「赤ちゃん可愛いね(*'U`*)」とほっぺをつんつんしていました。

 

2017年6月10日生まれ、女の子です。


pic20170623120038_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら