オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2020年4月30日 木曜日

2020年4月30日生まれ

いつも妊婦健診はご夫婦でいっらしゃっていました。

10か月に入ると不規則的な張りがくるように( ゚∀゚ )

毎日ご主人と海辺を散歩し体力作りに努めていました。

38週になると規則的な張りがやってきました。

その後順調に来ていた張りは、疲れもあってか夕方になると間隔があいてきました。

合間に休みつつ夜を迎えると、今度は本格的な陣痛に変わりました。

 

休んだり、動いたりしているうち朝を迎えましたが、赤ちゃんのペースでのゆっくりの進行でした。

産婦さんは赤ちゃんのペースに合わせ、常に前向きな気持ちで頑張っていました。

再び夜になると今度は勢いがついてきて、待ちに待った赤ちゃんの頭が見えてきました。

最後、ひと踏ん張りするとご主人に似た可愛い女の子が誕生しました。

誕生後、ご主人は積極的に赤ちゃんのお世話を行い、授乳以外は何でもできるパパさんになりました。

 

おめでとうございます‼

 

2020年4月30日生まれ、女の子です。

pic20200516131447_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2020年3月13日 金曜日

2020年3月13日生まれ

今回3人目の経産婦さん。

産休に入るまでしっかり働いていました。

産休に入るとそれまで逆子だった赤ちゃんもちゃんと頭を下にしてくれました。

 

1人目、2人目は予定日前日と翌日の出産だったので、予定日を迎えるころにはドキドキしながら待っていました。実母さんも泊まりで来てくれスタンバイ!

けれど、予定日を2日過ぎ、3日過ぎるも陣痛が来ません。

お母さんは「絶対にいいタイミングで赤ちゃんは生まれてくる!」と信じその時を待っていました。

 

そして、予定日から1週間後の夜中、陣痛が始まりました。

なんとご主人がお休みの日でした。

今回のお産はこんな感じで産みたい!などと妊娠中に色々イメージをしていましたが、だんだんと痛くなる陣痛に余裕がなくなり、自分をさらけ出し、周りに甘えて産もうと思ったそうです。

痛みの中、これまで頑張ったきた自身を受け止め肯定し、後悔のないお産をしてくれました。

バースプランに「6歳のお姉ちゃんに赤ちゃんのお世話をしてもらいたい」とあったので、誕生後、タオルで赤ちゃんを拭いたり、スタッフと一緒に臍の緒を切るお手伝いをしてもらいました。

2歳の妹も赤ちゃんの頭を撫でたりと可愛がってくれました。

ご家族の都合で2泊で早期退院され、その後2日間助産師が自宅に訪問させて頂きました。

おめでとうございます‼

 

2020年3月13日生まれ、女の子です。



pic20200317113051_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2020年3月 6日 金曜日

2020年3月6日生まれ

お一人目からのお付き合いです。

今回2年ぶりに2人目を妊娠され、ご家族で健診に通われる日々が始まりました。

 

37週に入ると前駆陣痛がみられ、2月中に産まれるかもね~と皆で話していましたが、3月を迎えしっかりお腹で成長してくれました。

予定日の2日前、お腹の張りと痛みで目覚めると、5分おきの陣痛が( ゚∀゚ )

家族の朝ごはんとお弁当を作ってから来院。来る途中海を見ながら、「今日は良いお天気だから海に行けたな~」などと思いながら助産院に到着すると気持ちが通じたのか間隔があいてしまいました。

そこでいったん帰宅し、休むことに...。

自宅で少しウトウトした後、ご家族で海へ。その間も陣痛がきていましたが、体力のある産婦さんは、合間は余裕だったそうです。

けれど、さすがに陣痛が来ると痛そうな様子をみて、ママ友達がそろそろ助産院に行ったほうがいいよ!と促してくれ、14時ころ再び助産院に来院されました。

子宮口は6cm。立ったり、座ったり、持参したリンゴを食べたりしていると、順調に進んでいきました。

2歳のお姉ちゃんもママに水を飲ませたり、団扇であおいでくれたりと大活躍。

 

いよいよいきみたくなってきたので、お産の体勢にすると自然に破水し、赤ちゃんの頭が見えてきました。

バースプランに自分で取り上げてみたいとの希望があったので、赤ちゃんの体が出るときに助産師と共に手を伸ばし少しお手伝いしてもらうことが出来ました。

赤ちゃんが産まれる瞬間をしっかりと見ていたお姉ちゃんはびっくりして一瞬泣いてしましましたがすぐに慣れ、「赤ちゃん、歯がないねー。」「ママがいい?誰がいい?」などとたくさん話かけていました。

 

おめでとうございます‼

2020年3月6日生まれ、女の子です。



pic20200317111642_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2020年3月 4日 水曜日

2020年3月4日生まれ

今回、3人目の経産婦さん。

2人目は東京の助産院で、今回は当院を選んでくれました。

 

妊娠中期頃にはお腹が張り心配した時期もありましたが、無事に妊娠10か月を迎えることが出来ました。10か月に入ってからは、毎回の健診で汐入駅から当院まで歩いて来院し、体力作りに励んでいました。

予定日の4日前、規則的なお腹の張りが来ました。家族で夕食を食べたり、ご友人も見え、皆で楽しく過ごしていると自然に破水。すると一気に陣痛が強くなり、来院されました。

来院するとすでに子宮口は全開大。けれどお母さんは落ち着いて陣痛を乗り越えています。

そして、徐々に陣痛が強くなりビーズクッションにもたれかかり、四つん這いの姿勢になると赤ちゃんの頭が見えてきました。

ご主人は一生懸命産婦さんの汗を拭き、励ましてくれました。

別室で休んでいた長男、次男も様子を察し来てくれ、ご友人も含め皆が立ち会う中、3人目となる男の子を出産されました。

 

産後、「今まで一番自分で産んだという達成感があった!」と話してくれました。

またこの子は「人と人をつなげる子」になると思うと語ってくれました。

おめでとうございます!!

 

2020年3月4日生まれ 男の子です。



pic20200309161748_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2020年2月 8日 土曜日

2020年2月8日生まれ

6人目の経産婦さん。

今までは病院やクリニックで出産されましたが、5人目の妊娠の時にドクターに「助産院っていう選択肢もあるよ」と言われたことを思い出し、「助産師さんがいれば産める!」と思い(嬉!)オハナハウスに来て下さいました。

毎回の健診は、電車とバスを乗り継いで5番目のお子さんと来て、いつも楽しいお話を聞かせてくれました。

10か月に入ると、家族と一緒にインフルエンザに罹ってしまいましたが、無事に軽快。

2月に入り「もう産まれてきていいからね~!」と話しかけていました。

ご家族皆が揃った土曜日の朝、20分間隔の張りが来ました。

ゆっくり家事をして、皆で外食をしてから来院すると7分間隔。けれどお母さんはニコニコ話ています。子供達と助産院の階段の昇り降りをしたり、本を読んだりして過ごしました。

ご家族での話し合いの結果、小学校3年生、2年生のお姉ちゃん達のみ残ることに。

すると、あっという間に3分おきの間隔に!

お姉ちゃん達はゲームの手を止め、真剣に見ています。

ビーズクッションにもたれかかると赤ちゃんの頭がすぐそこに( ゚∀゚ )

そして、上手にいきみをコントロールして6人目となる男の子を出産されました。

「今までで一番楽だった!」と言い、産後の回復も早かったです。

お産に立ち会ったお姉ちゃん達は「こうしてママが6人も産んでくれたなんてすごい!」と話していました。

おめでとうごいます‼

 

2020年2月8日生まれ、男の子です。



pic20200212132612_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら