オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2016年9月18日 日曜日

2016年9月18日生まれ

今回2人目の産婦さんは1人目の出産に色々と心残りがあり、今回は

自然なお産がしたい

自分の力で産みたい

と助産院を選んできてくれました。

 

予定日翌日から前駆陣痛が始まり、あまり眠れないまま翌日本格的な陣痛になりました。

お昼頃入院し、まだまだ余裕があるのでドライブや階段昇降をしてみましたが、なかなか陣痛間隔が短くならず、痛みも弱め・・・。陣痛を強くするために夜中にもう一度ドライブに行くと疲れ、助産院へ戻るとしばらくぐっすり眠ることができ、体力も回復して陣痛が強くなりました!

いきみも始まり、ゆっくり、ゆっくり、分娩になり、朝方元気な男の子が生まれました。

生まれてきた赤ちゃんは首にへその緒が1回巻いていました。

分娩がゆっくりだったのはきっと赤ちゃんが自分で苦しくならないように調節してきたからなのね。とみんなで関心。

赤ちゃんってやっぱり凄い!

 

2016年9月18日生まれ、男の子です。



pic20161003133852_0.jpg
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2016年9月17日 土曜日

2016年9月17日生まれ

今回の妊娠が3人目の産婦さん、上2人は男の子で今回は出来ることなら姫を・・・っと願っていました。

妊娠後半から夏休みのお兄ちゃんたちを連れて散歩やスクワットなど分娩に向けて体力をつけていました。

3人目なので予定日より早く生まれるかなーとみんな思っていましたが予定日を過ぎ、お兄ちゃんたちやご主人に「早く出ておいでー」と話しかけてもらったり、散歩や階段昇降、スクワット、掃除など出来ることを色々して赤ちゃんを待ちました。

予定日から5日後の夜「陣痛が始まりました♪」と嬉しそうな声で連絡が入り、10分おきの陣痛になったころ、家族全員で助産院に到着するとあれよあれよとお産になり、元気な女の子が生まれました。

待望の姫誕生に家族みんながメロメロになっていました(●*'v`*人).o0

 

妊娠中しっかり体力をつけていたので産後もびっくりするくらい回復が早く、妊娠前の元気なお母さんに戻っていました。

2016年9月17日生まれ、女の子です。



pic20161002155816_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2016年9月15日 木曜日

2016年9月15日生まれ

3人目の経産婦さん。

予定日1週間前の内診で子宮口がまだまだ開いていないので、とにかく沢山歩くように!!と言うと、その日から毎日2時間のウォーキングを頑張りました。

 

ウォーキングの効果でしょうか?

予定日の翌日夕方から弱い陣痛が始まり、朝方車に揺られて来院したころには2分おきに。

しかしまだ子宮口が全開でなく産婦さんは「まだ!?」と疲れてしまう中、ご主人や子ども達から「頑張ってー!!」「頭見えたよ!」と応援や実況中継に励まされ、まるで自宅出産のような穏やかな中で男の子が生まれました。

カンガルーケアをしながら家族みんなが笑顔でとても嬉しそう。

 

2016年9月15日生まれ、男の子です。



pic20161002130048_0.jpg
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2016年9月12日 月曜日

2016年9月12日生まれ

今回2人目をお産する産婦さんはお仕事をしていて、産休の期間に入ってもまだ仕事を続けよく動いていました。

毎回の健診でもよくお腹が張っていたので早く生まれるかもよ?と産婦さんに言っていましたが、陣痛が来たのは39週と5日。ほぼ予定日でした。

夜中に陣痛が始まったと共に破水したと連絡を受けて、30分後に家族みんなで助産院にやってきたときには、陣痛もかなり強くなっていてお産本番な感じでした。

部屋に入り産婦さんの呼吸に合わせて分娩が始まると直ぐに元気な男の子が生まれました。

4歳のお兄ちゃんはいつも健診では赤ちゃんの心音の音を怖がっていたので、お母さんはお産に立ち会えるか心配していましたが、実際お産のときは静かに見守っていてくれました。

生まれたばかりの赤ちゃんを観て可愛いと喜んでいました。

 

2016年9月12日生まれ、男の子です。



pic20161001170835_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2016年9月 1日 木曜日

2016年9月1日生まれ

初めての出産の妊婦さん。里帰り出産のため8ヶ月頃から実家でご主人と離れた生活を送っていました。

予定日過ぎての診察で内診をしたことが刺激となって夜中から陣痛が始まりました。

明け方になると急に陣痛が進み、いよいよ入院。

その日はたまたまご主人がこちらへ来る日で、遠方から車で向かっている途中で陣痛の連絡を受け、そのまま助産院へ来てもらい、立ち会い出産に間に合いました。

 

分娩が始まるとご主人を分娩台代わりにし、お母さんは足を支え、おばさんは団扇で扇ぎ、と全員の協力で順調に進み、元気な男の子が生まれました。

 

2016年9月1日生まれ、男の子です。


pic20160905162407_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら