オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2016年12月17日 土曜日

2016年12月17日生まれ

予定日の朝から規則的な張りがあり、お昼頃に来院されるもまだ陣痛ではないようなので一度帰宅されました。

自宅に戻り上のお子さんとお昼寝をしたりしていると夕方から陣痛がやってきました。

夕食を食べ、夜になってから再び助産院へ。

まだお産まで時間がかかりそうだったので、皆でガタガタ道のドライブへ。

 

助産院に戻ってからはスクワットをしたり、持参したリンゴを食べたり、陣痛の合間にはご主人と談話したりして過ごしていました( *´艸`)

お二人目でしたが、ゆっくりゆっくり進むなか、お母さんはとても上手な呼吸法で陣痛を乗り越えていました。

 

いよいよ陣痛が強くなってくると、真夜中でしたが、上のお子さんもバッチリ目を覚まし、赤ちゃんが産まれてくるところをしっかり見ていましたo(^▽^)o

そして、明け方、お姉ちゃんにそっくりなかわいい女の子が誕生しました。

お母さんに続き、お父さんもお胸に赤ちゃんを乗せてカンガルーケアを楽しんでいました。

 

2016年12月17日生まれ、女の子です。


pic20161226110947_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2016年12月 9日 金曜日

2016年12月9日生まれ

3回目の出産の産婦さん。

1人目、2人目は病院での出産でした。

今回、助産院でのフリースタイル出産がどのようなものになるかな~と、ドキドキしながら赤ちゃんの誕生を待っていましたo(^▽^)o

 

健診の予約が入っていた予定日の3日前、朝から規則的な張りがありました。産婦さんは、健診が終わったら散歩にでも行こうかと思っていたようですが、思っていたよりも進みそうなので助産院で過ごしてもらうことになりました。

上のお子さん達が小学校、幼稚園から帰って来て、ご主人を含め皆で助産院の階段の昇り降りやお灸をしたりして過ごしていくなか徐々に陣痛が強くなりました。

産婦さんは、赤ちゃんに「出ておいでー。待っているよ!」と話しかけながら陣痛を乗り越えていました( ゚∀゚ ) ご主人はずっと側にいて産婦さんを支えていました。

最後は上のお子さん達の「がんばれ~、がんばれ~!」との大声援のなか、元気な女の子を出産しました。

産婦さんにとって、今までで一番大きなベビーでした。

 

2016年12月9日生まれ、女の子です。



pic20161220145135_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら