オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2017年11月24日 金曜日

2017年11月24日生まれ

今回3人目で初めて助産院を選び、産後2日間は身体を寝たきりで骨盤の安静を保ちたいと自宅分娩を希望されました。

妊娠中は健診に自宅から40~50分かけて歩いて来るなど身体を良く動かし安産に向けて身体作りをしていました。

 

予定日2日前の夜中3時に陣痛が始まり、家の中を片付けていると朝方に破水したと連絡を受けました。

駆けつけると台所で朝食の準備をしていました!(;^_^A

朝になりご主人と子ども達が起きるのと交代で産婦さんはやっと横になりました。

徐々に強い陣痛になりましたが、分娩スタイルが決まらず身体を色々と動かし四つん這いに決まりました。すると急に強い陣痛となりあっという間に元気な女の子が産まれました。

胸に抱き、ほっと一息。

「お腹が空いた」とご主人の作ったおにぎりを美味しそうに食べていました。ご主人も3人目にして初めての女の子に大喜び。

産後4日間は夫が主夫になると張り切っていました。

 

後日、訪問に伺うと子供たちが「お父さんのご飯美味しいんだよo(^▽^)o」と話してくれました。

家族の協力で素敵な自宅出産となりました。

 

2017年11月24日生まれ、女の子です。



pic20171130133909_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2017年11月15日 水曜日

2017年11月15日生まれ

お一人目の時に母乳ケアに来られたのがきっかけでオハナハウスを知り、今回は助産院での出産を選んで下さいました。

 

今回、妊娠中は毎回歩いて健診へ。

予定日を1週間過ぎてもお母さんは焦ることなく、赤ちゃんが選ぶ時を待っていました。

 

1週間を過ぎ、三陰交のお灸、2時間以上の散歩などを出来ることをやり切った日の夕方、待ちに待った規則的な張りが見られ、夜になり上のお子さんと実母さんと3人で来院されました。お姉ちゃんが張り切って水を飲ませてくれたり、産婦さんは積極的に動いたりするなか順調に進んでいきました。

パパ、実父さんが到着するとさらに強くなり、皆が見守るなか男の子が産まれました。

 

「前回より楽だった~!」と産婦さん。

お産直後は、2才のお姉ちゃんは赤ちゃんにお母さんを取られたような気持ちになっていたようでしたが、翌日からは「赤ちゃんかわいい」と言い、お姉ちゃんのスタートをきる事が出来ました。o(^▽^)o

 

2017年11月15日生まれ、男の子です。


pic20171124133717_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら