オハナハウスで生まれた赤ちゃん

2018年10月 2日 火曜日

2018年10月2日生まれ

前回は横浜の助産院で38週で出産。

今回も早めに産まれるかなと皆、思っていました。

38週に入り、張りが見られ、夜中オハナハウスへ来院されましたが、まだ前駆陣痛で一旦帰宅。その後も前駆陣痛がしばらく続き、予定日を過ぎるも、お母さんは「赤ちゃんが出てくる日を決めてくるから・・・」とゆったりと赤ちゃんが産まれてくるのを待っていました。

 

予定日から2日過ぎた日の朝方から、本格的な痛みがやってきました!!

この時、お母さんは「赤ちゃんと力を合わせて今日産む!」と決意したそうです。

朝ごはんをしっかりと食べてから来院。

バースプランに合ったように、お香などを使い、ご自分のイメージに合うお部屋にセッティング。

ご主人、上のお兄ちゃんサポートの元、順調に進んでいきました。

「もう出そう・・」とお母さんが言うと赤ちゃんはもうすぐそこに。

ご主人の背中におぶさるようにして、お母さんは上手に陣痛を乗り越え、元気な女の子を出産しました。

お産のときは少しびっくりした様子だったお兄ちゃんも赤ちゃんが産まれると「かわいい!」といいほっぺにキスをしていましたo(^▽^)o

 

2018年10月2日生まれ、女の子です。

 



pic20181005125733_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年9月10日 月曜日

2018年9月10日生まれ

今回、4人目の妊娠のお母さん。

2人目、3人目の時は、お産の経過が早かった為、今回は自宅出産をしようということになりました。

 

妊娠中は身体作りに努め、自転車やまた時には上のお子さん達を連れて電車&バスを乗り継いで、妊婦健診にいらして下さいました。

 

10ヶ月に入ると前駆陣痛が見られ、38週になるとおしるしがΣ(・口・)

その日の夕方、電話で様子を確認すると「張ってますね」とのお返事だったので、ご自宅に伺うことにしました。

すると子宮口は5cm開大。

パパさんが夕食を作っていました。

 

モニターで赤ちゃんが元気なことを確認すると、産婦さんは上の子供達を寝かせる準備をバタバタと始めました。

子供達が寝静まると、産婦さんもいよいよお産に意識が向いたようでした。

子宮口8cmまで進んだところで産婦さんはお風呂へ。

温まり、ベットに戻り少しすると自然に破水。そして子宮口が全開し、赤ちゃんの頭はすぐそこに見えて来ました。

張り切って産婦さんを励ましてくれていたご主人様の背中を借りて、四つん這いの体勢で待望の男の子を出産しました。

 

翌朝、子供達はいつもより早く起き、赤ちゃんの誕生をとても喜んでいたそうです(*'U`*)

 

 

2018年9月10日生まれ、男の子です。



pic20180918142306_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年8月22日 水曜日

2018年8月22日生まれ

前回は産院で予定日前日に出産された妊婦さんは、今回助産院を選んで下さいました。

 

いつも元気な上のお子さんと妊婦健診に来て、色々なお話を聞かせてくれていました。

今回はご主人のお盆休み中に産まれるかなと期待していました。けれど、お休みも終わり、予定日当日の健診の日もあまり産まれる気配がみられなかった為、健診後には涼しい日だったので歩いて帰宅してもらいました。

 

その甲斐もあったのか予定日翌々日の夜中、おしるしがみられ、その数時間後から規則的な張りが出てきました。

まだまだ余裕があったので自宅で寝たり、お風呂に入ったりしていると張りも弱くなってしまいました。

お昼を食べると再び張りが強くなり、夕方家族皆で助産院へ来ました。

入院後は順調に進み、3歳のお兄ちゃんは「ママ、頑張って!」と終始声援を送り、パパは分娩台代わりになりと大活躍の中、元気な赤ちゃんが産まれました。

産まれた後は、ママに続きパパもカンガルーケアを楽しんでいました(◇'v`bd*)

 

2018年8月22日生まれ、男の子です。



pic20180828142620_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年7月27日 金曜日

2018年7月27日生まれ

今回2人目を出産予定の妊婦さん。

前回の出産は破水から始まりなかなか陣痛が来なかった経験から、今回の妊娠中はふんどしパンツを作って履いたり、生活にも気をつけて過ごしていました。

10ヶ月に入ると2歳のお子さんが「赤ちゃんはまだ出てこないよ~」などと言ったりして、皆でいつになるかね(。・艸-。)と話していました。予定日を過ぎてもまだ産まれる気配がなく、スクワットの回数を増やしたり、お母さんは体力作りに努めていました。

 

助産院で赤ちゃんが元気である事をモニターで確認した夜、待ちに待った陣痛がやってきました。

夜の入院だったので布団を2組敷き、パパと上の子と産婦さん3人で寝ながら過ごすなか、ゆっくりと進んでいきました。明るくなってくるとお兄ちゃんが起き、「パパとママとお散歩行きたい!!」と。そこで、家族3人と助産師2人で車で近くの公園へ。公園で階段の昇り降りをすると順調に進んでいきました。

助産院へ戻ると、もう赤ちゃんはすぐそこに。パパに分娩台になってもらい上手に女の子を出産されました。

パパは涙を流しながら感動していました。お兄ちゃんはしっかりママの足元から赤ちゃんが産まれてくるところを見ていて、生まれた後は不思議そうに赤ちゃんを眺めていました。

 

2018年7月27日生まれ、女の子です。



pic20180801153732_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

2018年7月24日 火曜日

2018年7月24日生まれ

10年ぶりの出産に挑む経産婦さん。

一人目の病院のお産では尾骨骨折になり産後はお尻が痛くて辛い・・・(ノ_・。)という経験から、今回は助産院を選んでくれました。

妊娠中はヨガ教室に通い体力をつけお産を楽しみにしていました。

 

予定を2日過ぎ健診に来る日の朝から前駆陣痛が始まり、タクシーに乗って1人で助産院へやってきましたが、まだまだ産まれなそうなのでドライブしながら自宅へ帰りました。

真夜中に本格的な陣痛が始まり再び助産院へ。今度は陣痛もどんどん強くなり入院して3時間後には元気な男の子を出産しました。

今回は尾骨骨折もせず、会陰も切れず、「産後の身体がとっても楽~(*'U`*)」と喜んでいました。

 

2018年7月24日生まれ、男の子です。


pic20180801124744_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス | 記事URL

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら