管理栄養士ブログ

2016年8月23日 火曜日

ひじきサラダ

ひじきといえば「煮物」ですが、他にも「サラダ」で食べてみてはいかがでしょうか?wink

 

ひじきは鉄分やカルシウム、食物繊維が豊富で低カロリーと妊婦さんに摂り入れて欲しい食材です。

干しひじきは10gあたり5.5mgの鉄が含まれており、手軽に鉄分を補えるのでお勧めです。

海草類に含まれる鉄分は体に吸収されにくいですが、ビタミンCを含むもの(果物や野菜など)を一緒に摂ると吸収しやすくなります。

カリウムも多く含み水分代謝をスムーズにするので、むくみなどにも効果があります。

 

 

材料 : 4人分

干しひじき   20g

人参     1/8本

きゅうり    1/2本

いりゴマ    適量

 

〈ドレッシング〉

お酢     大さじ1と1/2

しょうゆ    大さじ2/3

砂糖     小さじ1弱

たまねぎ(すりおろし) 大さじ1

ごま油    大さじ1/2

ツナ缶(水煮) 1缶

 

 

作り方

1.ひじきはさっと洗ってゴミや砂を落とし、たっぷりの水で10~20分かけてやわらかくもどす。

2.戻したひじきの磯臭さを抜くために、さっと茹でてザルにあげ水気を切る。

3.人参ときゅうりは細い千切りにする。

4.ドレッシングの材料をすべて混ぜ合わせる。

(たまねぎはすりおろす。ツナ缶の汁気は軽くきる)

5.出来上がったドレッシングに、ひじき・人参・きゅうり・いりゴマを入れ、よく和えて出来上がり。


☆point☆
干しひじきはもどすと約5倍量になりますので、たっぷりの水でもどしてあげましょう。

ツナ缶に塩気があるので、しょうゆの量をお好みで調節してください。



pic20160823150656_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス 管理栄養士 | 記事URL

2016年6月21日 火曜日

大根のピクルス

先日お出ししたピクスルが好評だったので紹介します。

大根は消化を促進し、胃もたれやお腹の張りをよくしてくれます。

大葉は冷えを取り除くので梅雨冷えなどで調子を崩したときに摂り入れたい食材です。

大葉を巻くことで殺菌作用もあるので、お弁当の箸休めにもお勧めですconfident

 

pic20160621122758_0.JPG
 

材料

大根 5cm

大葉 数枚

〈ピクスル液 〉

穀物酢 200ml

砂糖 大さじ3と1/2

水 100ml

塩 小さじ1

ローリエ 2枚

ブラックペッパー(粒) 10粒くらい

 

作り方

1.大根を拍子切りする

2.大根を軽く湯通しする(1分程度)

3.大根を滅菌した瓶などに詰める

4.ピクルス液の材料をすべて鍋に入れて煮立たせたら火を止め、大根を詰めた瓶に注ぐ

5.冷めたら冷蔵庫で保管。

6.一日置くと味が染みます。

 

酢のツーンとする酸味が強いと感じるかたはピクルス液の水を少しだし汁に変えると味がまろやかになるかと思います。(味は少し酢の物に近くなりますが・・・)

もちろん、大根以外に人参、きゅうり、パプリカなど他の野菜も一緒にびん詰めして大丈夫ですwink
 

 

 


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス 管理栄養士 | 記事URL

2015年7月 7日 火曜日

紫蘇ジュース

梅を漬ける梅雨の季節に合わせて、紫蘇の葉も出回っていますね。
助産院では毎年この季節になると、梅仕事にいそしむ合間に「紫蘇(しそ)ジュース」作ります。

紫蘇ジュースは夏バテに効くと言われますが、
材料に疲労回復の効果のある「クエン酸」を使うことがポイントです。
そして紫蘇の爽やかな香りでリラックスすることもできます。
さっぱりした味なのでつわりの時にも飲みやすくオススメですよ~wink


  「紫蘇ジュース」



材料
赤紫蘇の葉   一袋(250~300gくらい)
水         2L
砂糖       300~600g(お好みで)
クエン酸     20g
(クエン酸の代わりにお酢なら300ccくらい)

作り方
1. 赤紫蘇は葉の部分を茎からちぎり、よく水洗いをしてザルにあける。

2. 大きめの鍋に水2Lを沸かし、赤紫蘇を入れて煮出す。
  5分くらい煮ると葉の色が緑色に変わるので紫蘇の葉を
  ザルなどにあげて絞る。

3. 絞った汁を鍋に戻し、砂糖を加えて煮溶かす。
  灰汁(あく)が出てきたら灰汁をとる。

4. 火を止めてクエン酸を入れてかき混ぜる。

5. 冷めたら滅菌した瓶などに入れて冷蔵庫で保管。


濃縮液なので水や炭酸水で薄めて召し上がってください
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス 管理栄養士 | 記事URL

2015年4月21日 火曜日

豆腐ハンバーグ

先日里帰りの会でお出しした「豆腐ハンバーグ」を紹介しますrestaurant

豆腐ハンバーグは挽肉と豆腐半々で作るメニューが多くありますが、今回は豆腐のみでつなぎに長芋を使いました。長芋を使うことでふわっとした柔らかい食感に仕上がりますhappy01具にレンコンを入れるとサクサクとした歯ごたえも楽しめます。
柔らかく色々な具でアレンジできますので、離乳食にもお勧めですnote

     「豆腐ハンバーグ」



材料 : 4人分

木綿豆腐   1丁
長芋      5cm程度
乾燥ひじき  1g
れんこん   太め3cm程度(れんこんの太さによって加減して下さい)
枝豆      30g
塩       少々

[あんかけ]
出し汁       100cc
醤油        大さじ1
みりん       大さじ1
水溶き片栗粉  小さじ1
とき水       小さじ2


作り方

1.豆腐はふきんかキッチンペーパーで包み、上に重しをのせて30分程度水切りする。

2.乾燥ひじきはさっと洗い、水で10分ほど戻しきざむ。
 枝豆は沸騰したお湯に塩(分量外)を入れ3~4分茹でて冷まし、薄皮を剥いてきざむ。
 レンコンはみじん切りにし、沸騰したお湯で2~3分茹でて冷ます。
 長芋は皮をむき、すりおろす。

3.ボールに水切りした豆腐を入れ手でつぶしながら混ぜ、さらに2の材料・塩を加えてよく混ぜ、4等分しハンバーグの形に整えます。(始めはゆるいですが良く混ぜて行くと段々まとまってきます。)

4.温めたフライパンに油をひき、生地を入れて焼き色が付く程度に焼く。(崩れやすいので裏返す時は注意)

5.あんかけを作り、ハンバーグの上からかける。


ボールで生地を混ぜている時、始めはゆるいですが段々とまとまってきます。
時間がある時は焼く前に、蒸し器や電子レンジで蒸してから焼くと崩れにくく、焼き時間も短くて済みますconfident
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス 管理栄養士 | 記事URL

2015年3月 7日 土曜日

旬の食材「うど」

スーパーなどでも春を感じる旬の食材がたくさん出ていますcherryblossom

今日のお食事は「うど」を使って酢味噌和えにしてみました。

独特の香りと苦みが食欲をそそりますねconfident
うどには血の巡りをよくして、痛みやこり、冷えなどを体追い出してくれる効果もあります。

残った皮はきんぴらにしてスタッフがいただきましたrestaurant


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス 管理栄養士 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら