お母さん・お父さん体験談

2013年11月12日 火曜日

家族で幸せな時間を過ごせました

   経産婦さん


お兄ちゃんは結婚してすぐに妊娠したのに、2人目はなかなかできなくて一時は本当に悩んでつらい思いもしましたが、2013年の春、待望の妊娠!!
2人目は女の子だったらいいなーnote
と思っていたら、期待通りの女の子heart02
妊娠中は、上の子よりも悪阻もきつく、体調もあんまり・・・でしんどいこともありましたが、でも赤ちゃんも私も特に問題はなく出産を迎えられたので良かったです。


11月末の予定日を過ぎて、12月に初旬くらいにゆっくり産みたいな~confident
お兄ちゃん(12月初旬)と同じ誕生日もいいかな~note
と思っていましたが、一応11月になってからは色々と準備を整え、年末の大掃除もだいたい終わらせて、予定日2週間前にはお兄ちゃんと遠出でお出かけしたっぷり遊んで大満足shine
すると翌日の朝に破水し、そのままお産になりました。


出産の日の朝起きたら、何かが出る感覚。
お兄ちゃんの時もチョロチョロと前期破水で始まったので、もしかして?と思いながらとりあえず様子を見ようと色々と家事をしていると、やっぱり出てくる!!
これは破水だ!!
と、主人に半休を取ってもらい、お兄ちゃんは幼稚園をお休みに。
それから入院準備をして、助産院へ連絡し、助産院へ。
破水は確認しましたが、陣痛はまだまだという感じだったので、荷物だけ置いて、いったん家族で帰宅。

またまた家事を片づけて、3人で最後のランチをしよう!と家から歩いて15分くらいのレストランへrestaurant
歩いている間に陣痛が10分間隔くらいになり、レストランでは6~7分に。
陣痛がくると腰に手をあてて深呼吸。
合間合間で食事を楽しみ、デザートまでしっかりcake

でもそろそろかなり痛くなってきて、主人にタクシーを呼んでもらい、レストランから直接助産院へ。
とりあえず歯磨きをして(笑)、カメラを預け、準備を整え・・・
お兄ちゃんは何となく何かを感じたのか、外に散歩に行きたいというので主人と外出。
私はすぐに痛くて声が出るように。

お兄ちゃんと主人が戻ってきてからは、遊ぶ2人の横で陣痛がくるたびビーズクッションにしがみついてもだえる私。
お兄ちゃんは、始めは母の様子に泣きそうな顔で不安そうにしていましたが、すぐに慣れた様・・・。
内診すると子宮口3cm。
まだまだかかるなぁ・・・と思ったけれど・・・
どんどん痛くなる。

どのくらいかかるんだろう・・・と思っている間にだんだんいきみたくなり、でも院長に聞くと「もうちょっと待って」
陣痛はさらに進み、子宮口9cm。

そろそろ、いきもう!となり色々な体勢を試すけれど、どうも上手くいきめない。
最後は四つん這いで必至にいきむ!

お兄ちゃんはいつの間にか遊びをやめて、静かにジッと見つめている。
そのうちに赤ちゃんの頭が出かかっているが自分でもわかる。
必死にいきむ。
院長は
「今みかんくらい頭が出てるよ!
今りんごくらい!」
の声を聞きながらいきむ。
頭が出た!!
少し楽になる。 でもまだ体があるsweat01

赤ちゃんは頭が出た状態で少し泣く。
なんとかいきむ・・・スタッフさんたちの「声出して~ゆっくり~」の声を聞きながら

生まれたぁsign03

「終わったぁ~」とほっとしたのが一番でした。
すぐにカンガルーケア。
家族みんなで幸せな時間を過ごしました。


初めての助産院での出産でしたが、健診も毎回家族みんなでゆっくりさせてもらって、
出産も『自分で産んだ』感じがすごくする、良いお産ができて、本当に大満足な妊娠生活&出産になりました。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら