お母さん・お父さん体験談

2014年5月22日 木曜日

リラックスしたマイペースなお産になりました

経産婦さん


私がオハナハウスで出産を決めたのは、長男の新生児訪問で院長がきてくれたことがきっかけでした。
その時にオハナハウスを知り、場所が自宅や実家からも近いということでオハナハウスで出産してみたいと思いました。


毎回の検診は時間をかけてじっくり見てもらえた、初めてのテルミーもとても気持ち良くて嬉しかったです。
検診は3歳の息子も一緒に来ていたのですが、毎回たくさんのおもちゃを貸してもらい、さらに自由に遊ばせてもらえて感謝でした。
検診予約も曜日や時間が比較的希望にそって貰えたので、なるべく主人も一緒に来ることができて良かったです。


出産当日は夜中の2時頃から10~15分間隔の不規則な痛みが始まり、5分間隔に縮まったのが7時頃。
それまでは院長の指示通り家事をしたり、階段の昇り降りをしたりとにかく動きました。
助産院に着いて内診をしてみると子宮口8cm!
「あぁーもうすぐかぁー」
なんて思っていたけれど、赤ちゃんはまだ上の方にいてなかなか下がってくる気配はなく、胎動も元気にありました。
それから陣痛の間隔が少しづつ短くなるも相変わらず赤ちゃんの位置は高く、下りてくる気配なし。
陣痛の合間も普通に会話が出来たり余裕があり、一緒に来ていた息子は周りで元気いっぱい遊んでいて、なんだかのんびり自宅にいる気分になり「本当に生まれてくるのかな!?」と思ったりもしました。

時間も気にしないでマイペースに陣痛に耐えていると、お昼くらいにかなり陣痛の間隔が短くなり痛みも強くなり、赤ちゃんもだいぶ下がって来たようでした。
そこからは今までが嘘だったかの様に辛くなり、自然に声も出て四つん這いで必死に主人にしがみついていました。
赤ちゃんが自分でも下りてくるのがわかるくらいになり、痛くて「早く出てー」と頭の中はいっぱいでした。

陣痛に合わせていきむと
「もうすぐだよ」
「痛いね、頑張れ!」
「頭出て来たよ」
「次でいきんだら生まれるよ。一回休んで」
など細かく指示をされ、励まされたので痛い中でも行動することができました。
そのおかげで次男を出産することができました。

長男は立ち会ったら怖がったりするかな?・・・と少し心配でしたが、実際は特等席でバッチリ見ていました。
赤ちゃんのこともすごい受け入れてくれたような気がして、立ち会いをさせて本当に良かったです。

出産を終えてホッとしたもの束の間、長男の出産では会陰が避けてしまい縫ったのですが、今回もきっと裂けたと思っていると「切れてないし、裂けてないよ」と言われ、嬉しかったです。
きっとお産のときの的確な指示のおかげだと思っています。

入院中も畳の部屋で自宅のようにマイペースに過ごせました。
食事も予想以上にボリュームがあり、毎食大満足でした。
献立も自宅に戻ってから参考にしたいと思います。

出産も希望通りのリラックスしたマイペースなお産になり、家族も立ち会え本当に満足しています。
夫もカンガルーケアが出来たりと、とても良い経験をさせてもらえました。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら