管理栄養士ブログ

2015年7月 7日 火曜日

紫蘇ジュース

梅を漬ける梅雨の季節に合わせて、紫蘇の葉も出回っていますね。
助産院では毎年この季節になると、梅仕事にいそしむ合間に「紫蘇(しそ)ジュース」作ります。

紫蘇ジュースは夏バテに効くと言われますが、
材料に疲労回復の効果のある「クエン酸」を使うことがポイントです。
そして紫蘇の爽やかな香りでリラックスすることもできます。
さっぱりした味なのでつわりの時にも飲みやすくオススメですよ~wink


  「紫蘇ジュース」



材料
赤紫蘇の葉   一袋(250~300gくらい)
水         2L
砂糖       300~600g(お好みで)
クエン酸     20g
(クエン酸の代わりにお酢なら300ccくらい)

作り方
1. 赤紫蘇は葉の部分を茎からちぎり、よく水洗いをしてザルにあける。

2. 大きめの鍋に水2Lを沸かし、赤紫蘇を入れて煮出す。
  5分くらい煮ると葉の色が緑色に変わるので紫蘇の葉を
  ザルなどにあげて絞る。

3. 絞った汁を鍋に戻し、砂糖を加えて煮溶かす。
  灰汁(あく)が出てきたら灰汁をとる。

4. 火を止めてクエン酸を入れてかき混ぜる。

5. 冷めたら滅菌した瓶などに入れて冷蔵庫で保管。


濃縮液なので水や炭酸水で薄めて召し上がってください


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス 管理栄養士

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら