お母さん・お父さん体験談

2016年8月 3日 水曜日

一つの縁がすばらしい出産となりました

経産婦さん


前回出産した個人病院。初めてと言うこともありどこが悪いということはなかったですが・・・なんとな~く次に産むなら助産院がいいなと考えていました。

そしていざ妊娠が分かった時、インターネットで色々検索をしていると『オハナハウス』と出遭う。HPなどを見て見学に行き、オハナハウスの助産師さんの気さくな人柄と、とってもキレイな家、広々とした部屋に惹かれてすぐここで産みたいsign01と思いました。

 

オハナハウスで紹介して頂いた池川クリニック。

私はここで不思議な体験をしましたsign01

なんとここの先生や助産師さん、赤ちゃんと会話ができることが当たり前(笑)

最初は半信半疑だった私。。。coldsweats01

でも池川先生から『自己満足でも良いんだよ~』と言われてからお腹の赤ちゃんと沢山会話することができましたnote

会話ができるようになってから、さらにマタニティライフは充実して行きましたsign03

上のお姉ちゃんもお腹にチューしてベビちゃんとチビちゃーんとお話してくれたり、主人も一緒になってチビちゃんとお話したり、話しかけたり。

私は幸せでした。

 

一人目の時体重増加も大きく、産後も体力がなくて辛かったこともあり、

今回はしっかり体力を残すsign03

安産のために、産後二児の母、育児を頑張るために、今回はしっかりできることを沢山しました。

妊娠中どこまで体を動かして良いのか分からず、池川先生に聞いてみると『体力だって筋力だって人それぞれ・・・赤ちゃんに聞いてみるのがいい』と、オハナハウスでも『お母さんが楽しいことは赤ちゃんも楽しいのよ』と言っていただき、私はプールに行く時も、歩く時も、お出かけする時も、いつもお腹の赤ちゃんに相談していました。

赤ちゃんはお腹に来てくれてからも、毎日変わらず上のお姉ちゃんと公園に行き、お買い物に行き、お腹が大きくなっても苦しいと感じることなく一心同体noteそのおかげで臨月ギリギリまでお姉ちゃんとの時間を楽しむことができました。

 

しかし、34週まで逆子が治らず少しあせっていました。

赤ちゃんからは『ギリギリで治るよ~』と聞こえていたのですが、もし戻らなかったらオハナハウスで産めないsign03と必死で話しかけ、お風呂につかり、逆立ちの日々。

それでもなおらず、ついに池川先生に外回転してもらうことに。ずっと赤ちゃんが『どうして逆子じゃだめなの?』と言ってる気がするので池川先生に伝え、先生がお腹を触ってお話してくれました。次の日朝、外回転しましょう!となり、なんだか赤ちゃんは池川先生に会いたかったのかな~なんて感じながら帰り、次の日池川クリニックに行くと逆子が治っていましたhappy02。。。すごい。。。

 

残すは出産!!

早く逢いたい気持ちと、まだお腹の胎動を感じていたい気持ちとでドキドキ。

生まれる前にやりたいことを全部やり、もうやり残すことはなし!

 

 

その夜、来ましたー陣痛!!

午前2時頃から定期的な痛みに。

午前3時半頃にオハナハウスで内診5~6cm。開いている!!順調!

一人目の時は、痛くて逃げ出したーい!!と誰の言うことも耳に入らず・・・

そんな出産は二度とするものか!!と今回は最後まで赤ちゃんの胎動を感じて、

痛くても赤ちゃんも頑張っているんだー、頑張れー、

と赤ちゃんと自分を励まし、助産師さんたちがずっと傍についていてくれる安心感の中で二人の声をよく聞いて、導かれるように出産shine

 

そしてへその緒が繋がったままでのカンガルーケアnote

ずっと泣いていた上のお姉ちゃんもピタっと泣き止み不思議な顔で弟を見守っていました。

赤ちゃんの頭が出た後、助産師さんたちに『深呼吸よーゆっくりー!!』を守れたおかげで会陰も裂けず、産後もかなり楽です。

家族とベテラン助産師さんが二人もついてくれる安心感の中で出産出来たことは本当に幸せです。

本当にオハナハウスに出逢って、池川クリニックに出逢って、赤ちゃんと会話する!というとっても素敵なマタニティライフになれたこと感謝の気持ちでいっぱいです。



pic20160803142004_0.JPG

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 オハナハウス

アクセス


大きな地図で見る
〒238-0043 横須賀市坂本町5-22
最寄駅|京浜急行 汐入駅

お問い合わせ 詳しくはこちら